スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年目の朝

本日より、6年目の営業に突入したエブリコでございます。
皆様にお支え頂き、ここまで続ける事ができました。
心より御礼を申しあげます。

九州地方の地震被害には、心がとても痛みます。
2011年に感じていた不安な日々が、
無常にも、また繰り返されているのが悲しいです。
一日も早く、皆様に落ち着いた日々が戻ります事を
心よりお祈り申しあげます。

4/20の開店記念日は水曜日でしたので、定休のお休みを頂戴致しました。
丁度、雑誌撮影のスケジュールが入っており料理写真を撮ることができましたので
久しぶりの料理写真をUPします。

DSC_0363.jpg
東御のアスパラと信州サーモン、トガリアミガサタケと野草たち

DSC_0355.jpg
蛤とハタケシメジ、ハナビラタケ 蕗とスミレ 蛤のジュをジュレにして

写真撮るのってむずかしいでよね。
自身で撮影したもので、気に入る事ってほとんどありません…
あー、上手くなりたい!

充電中

軽井沢の冬。
身も凍るような寒~い毎日ですが、
いろんな事を考えるのに最適環境です。

料理の世界に入り、ずいぶんと時間を重ねてきましたが、
これまで、振り返り考えるという事を
あまりせずに来ましたので
今回の冬はそんな時間にしています。

店内も少し模様替えをいたしました。
気持ちも新たに3月を迎えたいと思っております。
春も、まもなくやってきますし。
お料理も、新しいステージに上げたいと思っています!

春からエブリコでの業務をお手伝いくださる方を
募集しております。
一緒に楽しんでくださる方、ぜひご連絡を!
お待ちしています!



今年もお世話になりました

2015年も、残す所僅かとなりました。
今年も、多くのお客様にご来店頂きました事、心より御礼申しあげます。
来年も、どうぞよろしくお願い致します。

新年は、元日のディナーより営業をいたします。
お席が少なくなっている日もございますので
ご来店の際は、電話にてご確認いただきますよう
お願いいたします。

迎える年が、皆様にとって素晴らしい年であることを心よりお祈りいたします。

今年一年、大変お世話になりました。
どうもありがとうございました!

クーカルイン軽井沢終了いたしました。

今年のクーカルは10年目の節目でした。
大盛況の一日でした。
会場の外までお客さまでいっぱい!
厨房の中もシェフでいっぱい!
凄い熱気でした。
私達、軽井沢チームは最終ステージの担当でしたので
夕方会場に入ったのですが…
びっくりしました。
厨房には、日本を代表する大物シェフが勢ぞろいで、
皆さん思い思いの料理をお作りになられているご様子。
その料理人の波を押し分け、厨房に突入。
もうよく覚えていませんが、とにかく大盛り上がりで
お祭り状態でした。
エブリコの常連のお客様のお顔もたくさん拝見いたしました。
しっかり、お礼を申しあげる事ができず、大変失礼いたしました…
今回は、
レストラントエダの戸枝シェフ。
無彩庵池田の池田シェフ。
シックプテートルの生井シェフ
そしてエブリコ、内堀の4人でチーム軽井沢を構成いたしました。
生井シェフのお店は都内の八丁堀ですが、軽井沢に長い事
いらしたので(呑み仲間でした)今回は軽井沢チームに合流ということに。
料理は4人の合作で
「信州サーモンと佐久鯉ムースのアンクルート(パイ包み焼き)、ソースショロン」と
「4種のミニャルディーズ」をご紹介いたしました。
素晴らしい出来栄えのパイ包みでした。
ミニャルディーズも「完成度が高い」と皆様におっしゃっていただきました。
精一杯やらせていただきましたので、思い残すところはございません!
本当にありがとうございました!
そして
11/17(火)、11/18(水) お休みをいただきます。
よろしくお願い致します
IMG_0515.jpg
IMG_0510.jpg


天然キノココースのご報告

7/14をもちまして、夏の天然キノココースを終了させていただきました。
本当に大勢の方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

今回のコースは、新しい表現の仕方や組み合わせなどで実験的な皿もあり、
実際に始めるまで不安もあったんですが、
皆様のご感想やお話を伺い、自信を持つことができました。
本当にありがとうございました。

今回のメニューをご報告させていただきますね。

アミューズ   ヤマドリタケモドキのコンソメドゥーブル コーヒーのチュイールとラベンダー
前菜      天然ハナビラタケ、軽井沢の野菜とはちみつ
前菜      ヤマドリタケ キンチャヤマイグチ オオホウライタケ のソテー
前菜      アカヤマドリのブルーテ
魚料理    タマゴタケのパネ ホタテ貝と共に
肉料理    ニュージーランド産ホゲットラムのロースト 5種のイグチのフリカッセ添え(オニイグチ、コウジタケ 
         ムラサキヤマドリタケ アミタケ アカジコウ)
        又は
        アンガス牛フィレ肉のポワレ、ヤマドリタケモドキのグラタン添え
デザート   ススケヤマドリタケのババロアと60度のバナナ 杏のソルべ
ミニャルディーズ  天然ナメコのグラニテ コウタケのバリエーション 桑の実とシロキクラゲ カヌレ

となっておりました。
キノコはすべて天然キノコのみ。
実際、在庫がきわどい日もありました…
ですが、エブリコのつよーい味方、菌友の皆様に支えて頂き
無事、終えることが出来ました。
終わったからといって、これから天然キノコの料理が無くなる訳ではございませんので
ごれからご来店頂くお客様もご安心下さい!

秋にも「天然キノココース」を開催いたします。
詳細はまたご連絡させていただきますのでよろしくお願い致します。

いよいよ、軽井沢の夏が始まります。
しばらく当ブログも更新できないと思うのですが、
時間がとれたら、すかさず更新いたします…

素晴らしい夏をお過ごし下さい!
2015071516370000.jpg
タマゴタケ         Fhoto by Mika T
プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。