スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹をくくった日

表紙を、模様替えしてみました…

なかなか、暖かくならない軽井沢です。
日中は温度が上がるようになってきましたが、
さすが標高1000m…

高原の春の足音は、本当にゆっくりで
これまた、人間の力ではどうにもなりません。
この思いを、軽井沢に来てからよく抱きます。

この地に来てから、私の中でいろんな事に変化がありました。
やはり身の回りに自然が沢山あるからだと思います。

年齢的な事もあるのかもしれませんが
若い頃に大事だと思っていたことが
そんなに重要だと思わなくなったり

逆に、たいした事ではないと思っていたことが
とても大切に思えたり…

きっかけになったポイントがあるんです。

店を始めることにしたきっかけは、震災でしたが
それとは別に「生きる心持」といいますか
考え方の柱を定めることになった事件がありました。

以前務めていた店舗のブログに書いたことがあるので
ご存知の方も多いと思うのですが。
(いろんな方に、このことを御紹介いただきましたので…)

3年前の秋、
山中でクマに追われたことがあります。

私は、追われていることに気付いておらず
同行人の掛け声がなければ、
後ろから間違いなく襲われていました…

なぜ、襲われずに済んだかというと
いろんな偶然が重なりました。

叫び声で事態に気付いた私が振り向くと
後方3mの場所に
体長1.5m位のツキノワグワが私に飛びかかる寸前でした。

もう、考えている余裕はありません。
手に持っていたキノコ鎌を振りかぶり、
クマの攻撃に対する準備を整えました。

「怖い」とか、「どうしよう」とか思っていたら、
おそらく間に合わなかったと思います。

そのまま、睨み合いとなり
暫くした後、クマは急に振り向き
森の中へ駆けていきました…

あの時、あと一秒振り向くのが遅かったら…
その日、キノコ鎌を持っていなかったら…
とか、
マイナスの要因を考え出すとキリがないのですが、
たまたま、運よく助かりました。

その瞬間に、クマと真正面から相対することができたことが
無事でいられた理由だと思っています。

クマの頭に鎌を突き刺すつもりでおりましたので
ずっとそのクマの眉間を睨んでいました。

その時の教訓…
問題が起こらないように準備することが大事ですが
いざその時は

何事にも真正面からいく。

それを自分で意識できたのは
「クマとケンカをしよう」と思えたおかげです!
「人生も同じなんじゃないか」と思っています。

このエピソードには
まだまだ続きがあるんです
この後は直接聞いてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。