申し訳ありません…

前回の記事で、「明日写真をUPします!」
と、書いておきながらそのままにしておりまして
大変申し訳ありませんでした。
実はUPできない訳がございました…
それは
使ってしまったんです!
開き直っている訳ではありません。
包丁を入れる瞬間
「あ、写真撮ってない!!」
と思ったのですが、もう間に合いませんでした。
だいたい、私、準備が悪いんです。
いつもバタバタしてます。
でも、言い訳をさせてください!!
その場で作業をしたほうが、料理が美味しいんです!
これ、ホントです。
当然仕込みはします。
時間のかかる事は、必ずしておかないと
お客様に、ご迷惑をおかけしてしまいます。
それ以外のこと。
たとえば、付け合せの野菜の処理。
あらかじめ切っておくこともできますが、
素材って、包丁を入れられる瞬間までは生きてるように感じるんです。
キノコも…
包丁を入れると途端に素材のエネルギーが、少なくなるような気がします。
感じた事はございませんか?
果物など、カットしておくと翌日は「柔らかくなりすぎていた…」
とか、お肉の色が悪くなったとか…
「酸化」が原因なんですが
それ以外にも何かある気がします。
と言うわけで
うそをついて、すいませんでした

そして
今月は、いろんな雑誌に掲載していただく予定でございますので
チェックの程、よろしくお願いいたします。
発売前に情報を漏らすと叱られそうなので
発売日にお伝えしますね。
4冊発売になります。

今日はキノコ系
のお客様が多く、楽しませて頂きました!!!
070723 ススケヤマドリ
この写真でご勘弁ください
ススケヤマドリタケ  
フランスでは
セップ テート ド ネグロ
といいます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク