スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブリコとは、なんぞや?

エブリコ…この言葉をご存知の方は相当なマニアです。
料理人仲間にこの名を告げるとスペイン語?イタリア語?
などといわれる事が多いんです。
いいえ
「日本語」です!!語源はアイヌ語だとか。
スペインの有名な3つ星レストラン「エルブジ」とか「イベリコ豚」というの言葉の響きと
なんとなく似ております。
実はキノコの名前です。
サルノコシカケってご存知でしょうか。
その仲間の1種です。
一昔前は胃腸薬として利用されていたこのキノコ。
現在はあまり利用されなくなりました。(ごく微量の毒成分を含む事が判明しました)
しかし、人類とふかーい関わりがございます。
縄文時代の人達もこのキノコを利用していたとの事…
食用にしていたのではありません。
火を起すときの火口にしていたみたいです。
乾燥させたものをほぐします。
2本の木をこすりあわせ、摩擦熱で煙が出てきたところにこのほぐしたキノコをのせると火が立ち上がる!!
良く、燃えるみたいです。(今度、試してみます)
ヨーロッパアルプスの永久凍土から見つかった古代人類のミイラ。
この方の携帯物の中にこのキノコがあったみたいです!!
凄いですねー
賢いです。
「人類と菌類の繋がりをレストランという形で発信したい」
というところからこの名前にいたしました。
説明が長くなりましたが、
それが命名の由来でございます!
110402_092235_convert_20110403014942.jpg
本日の野の花です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「エブリコ」の検索でこちらを発見いたしました!
開店準備楽しんでくださいねー。きっと生涯一度の体験ですよ。
次回お会いするときにはショップカードくださいな。友達に配りますので。

No title

倫さん
先日は、久々に顔を見れて嬉しかったです!
開店準備、楽しんでいるような、苦しんでいるような…
何年後かに、もう一度開店準備をするつもりでおります!
(できたらいいなーです)

お忙しいとは思いますが、どうぞご支援のほどよろしくです!
プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。