始まったとの事です

なにがかというと
ずばり、春きのこです。
先日、菌友「ミカさん」から連絡をいただきまして
胸が高鳴る今日この頃です。
とはいえ、
春きのこ第一弾の「トガリアミガサタケ」は
なかなか出会うことが難しく
量を揃えることが厳しいキノコです。
にもかかわらず、4/15日からの
特別コースのメニューに組み込んでしまいまして
必死で捜索しております。

現在発売されている
家庭画報5月号「行楽の昼膳へ」
のコーナーでご掲載戴いております。
読者の方限定の特別コースで
このトガリアミガサタケをご提供いたします!
なので探さないと!

家庭画報さん…
取材をして頂きたい雑誌の最たるものの一つでした。
なので、本当に光栄です。

以前お世話になっていた、
ラ・ビュットボワゼ時代に
家庭画報さんの取材のお手伝いをさせて頂いた事があります。

たしか、その時は6ページ程の大特集。
ラ・ビュットボワゼ、オーナーシェフ森重正浩氏のサポート役として
丹沢の山中に同行し、店舗で使用する
食材探しからの取材でした。

急な斜面の登り降り…
カメラさんもライターさんも
とても大変そうだったのが印象に残っております。

その時も、キノコ採取が私の仕事でした。
(それだけじゃありませんが…)
夏のキノコ「ムラサキヤマドリタケ」を載せて頂き
とても嬉しかったことを覚えています。

「いつか、私の料理も…」と思っていたので
本当にありがたく感謝の思いでいっぱいです。

昨年軽井沢で
同じ時期にオープンした4件のフレンチレストラン
という切り口でとり上げて頂きました。
実際、4件が同じ時期にオープンするって
あまりありませんよね。
皆で盛り上げていけたらと思っています。
(私が一番年寄りなので…)

なのでぜひご覧ください。
軽井沢フレンチ!

DCIM0017.jpg
DCIM0021.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク