日本海

このところの暖かさで、軽井沢町内の雪と氷がとても少なくなりました。
そのおかげで、車での移動もずいぶんと楽になり、一安心です。

先日、新潟へ魚の仕入れルートの開拓に出向きまして
久しぶりに海を見てきました。
山育ちなものですから、海には特別な感情がわきます。
おだやかな波の音で、気持ちが落ち着く気がしました。
現地で魚料理をいただいてきましたが、
漁港で食べる魚の味は格別でした。
素材が力強く、主張があります。
そういう素材に出会うといつも思うんです。

「素材を超える料理は、作ってはいけないのではないか」 と…

素材を超えるとは、素材らしさを失うということです。
たとえその料理が美味しくても、素材に失礼な気がします。
手を加える事により、
「美味しいんだけど、これ何の味?」
そういった料理にならないように心がけています。
エブリコでは様々なキノコを使いますので、
それぞれのキノコに敬意をはらい、料理に望みたいと思っています。

そして、レストランは元気を回復していただく場所なので、
当店にある「元気の素」をお持ちいただく、というか
「素材の力を借りたおもてなしで元気になって頂く」
そんな風に思っています。
そろそろ、始動の準備です!
DSC_0322.jpg
曇り空でしたが、気持ちよい時間でした。


スポンサーサイト

キノココースのすすめ

なにが、「すすめ」かと言いますと
夏キノコの発生が順調でございますので
茸料理のレパートリーが増えてます!
なので、
今は、キノコを食べておきましょう!
なにせ、あるとき限りのキノコの在庫!
無くなったら
「はい、それまで」
でございます。
通常のコースにもキノコは付きますが
種類はあまりつけられないので
ここは「キノココース」でご堪能ください。
本日、我が菌友
キノコ師Mさんからキノコが届きました!
最高の状態のキノコたちです
「これを食べれる方は幸せだなー」と
キノコを見ながら思いました。
細心の注意をはらっての採取。
これが美味しく食べる第一の条件です。
その後は、持ち味を殺さないように
やさしく、料理します。
キノコって美味しいです…

現在、調理場スタッフを募集しております。
一緒にキノコを学びませんか?
本日の助っ人
塩澤さん、塩野入さん
ありがとうございました!!!
助かりましたー
おかげで何とか終わりました!

山菜、山菜、山菜!

春ですし、旬の素材と申しますと
山菜」ではないでしょうか!
まぁ、春のキノコもございますが、なかなか量があつまりません。
キノコを採る方は、「春は山菜!」という方多いんです。
結局、皆さん「山が好き」なんですよね。
空気はうまいし、新緑の中にいると気持ちがよいですし。
と言っている私は今春はまだ一度もフィールドに
出かけておりません…
ですので、いつも山の幸を届けて頂く
菌友の皆さんに甘えっぱなしです…
この場を借りて御礼申し上げます!!
本日のフォトは
キノコ師Mさんの山菜とカキドオシです。
コゴミ、コシアブラ、タラノメ、モミジガサ、イタドリ、ヤマウド、カキドオシ。
天然物は個性が強く栽培のそれとは
ちょっと違うんです。
自然の命を頂いている…
そう感じる素材たちです。
110521_105806.jpg
軽井沢に似合うと思うんです。
110521_105917.jpg
美味しいですし!


プロフィール

軽井沢 E.bu.ri.ko 

Author:軽井沢 E.bu.ri.ko 
  軽井沢のキノコフレンチ
 Cuisine  Champigon
E・Bu・Ri・Ko(エブリコ)
〒389-0102
北佐久郡軽井沢町軽井沢1157-6
TEL 0267-42-3033
H.P http://www.eburiko.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク